陽子線治療│ 三重 M.R

陽子線治療の体験談 三重 M.Rさん

お住まいの地域:三重県

治療を受けるまでの経緯は?

2019年8月に受けた人間ドッグにて、PSA値(4.41)の異常所見があったので、8月に近所の泌尿器科を受診し、触診やエコー検査を実施。その時には癌の疑いは確認されなかったが、PSA値が4.43だったので、三重大病院での精密検査を勧められた。

10月~11月に造影MRI、針生検を行い、12月に前立腺癌の告知を受ける。針生検で前立腺炎を発症し、12月末まで入院していたため、癌の転移を調べる造影CTや骨シンチ検査は2020年1月になり、その間に治療方法について自分で色々と調べた。

監視療法 … 癌が見つかったからには何とかしたいので、この選択はなし。
手術療法 … ダ・ヴィンチによる全摘は予後のQOL低下がイヤ。 
放射線療法 … 放射線による急性期障害や晩期障害、二次癌のリスクが心配。
粒子線治療 … 放射線より弊害は少ないらしいが、県内に治療施設がない。
ホルモン療法 … 癌の進行を遅らせるだけで根治は期待でない。

ブラキセラピーも選択肢だったが、治療方法に悩んでいた2月初旬より、新型コロナウィルス感染が各地で深刻化。そこで最も早いタイミングで治療が開始できる粒子線→陽子線治療を選択し、愛知県まで毎日通院する事を決めた。

 治療前PSA: 4.41
 グリソンスコア: 3+3=6
 陽性率: 8.3%(生検12本中 陽性1本)
 T分類: T1c.N0.M0
 診断時年齢: 58歳
 触診の結果は: シコリは確認できず(画像でも癌は確認できなかった)
 治療年: 2020年

治療後にどう感じましたか

治療予定の方は現在の気持ち

陽子線の治療そのものは痛くも痒くもなく、本当に治療されているのか心配だったが、治療開始3日後には前立腺に鈍痛を感じ、排尿障害(頻尿)が出始めた。前立腺の鈍痛や排尿障害は照射治療後も続いているが、個人的には普段の生活に支障が出るレベルではない。何よりも新型コロナウィルス感染や医療崩壊を心配しながら、約1ヶ月間、通院治療を続ける心労の方が大きかった。

現在の経過、伝えたいことなど

差し支えなければ、男性機能はどうなりましたか?、教えてください。

治療後1ヶ月が経過し、陽子線照射による前立腺の炎症(鈍痛)や排尿障害は治まりつつあり、PSA値も治療直後の9.28から6.12へと落ち着き始めた。

男性機能も治療前同様ではあるが、勃起すると同時に前立腺に腫れたような痛みが生じるため、炎症が治まるまでは性行為は控えている。また、排尿障害を改善するためシドロシンを服用しており、その副作用で射精障害(逆行性射精)があるらしく、精液が殆ど出ず、射精感も中途半端である。但し、これはシドロシンの服用を止めれば元に戻るとの事。
※ シドロシン:ユリーフに同じ

前立腺癌の治療によって男性機能が大きく損なわれる事を心配していたが、私の場合には陽子線治療で大きく損なわれる事はなかった。

患者さんへの質問:
もし、時を遡れたとしたら、同じ治療を選びますか?

私は 「はい、この治療を選びます」と答えた。


三重 M.R

三重 M.Rさん、インタビューへの回答ありがとうこざいました。もしこの回答内容を変更したい場合は、再度ご記入いただければ、差し替えさせていただきます。

M.Rさん、新型コロナの影響を心配しながらの治療はたいへんだったことでしょう。無事治療が完了してよかったですね。シドロシンは排尿障害を緩和してくれるのですが、射精障害が起きることは皆さんも経験されています。服用をやめればまもなくもとにもどります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です