告知:PSA3でも高リスク前立腺癌?!

そして担当医から生検の結果説明の日、
私の名が呼ばれ、診察室の椅子にすわるとすぐ、

先生は、ディスプレイを見ながら・・

「検査の結果 がんが見つかりました」


こう話を切り出した。
やはり癌・・・しかも入室から僅か10秒も経たないうちに癌告知。

”癌の告知”などというものは、

 もっと劇的なシーンだと思っていたのに、そうでもなかった。驚きとか悲しみといった気持ちも湧いてこないし周囲の明るさだって変化しない。深く沈んだ気持ちとでも言えば良いのだろうか・・

私の場合は、MRIの結果から「たぶん見つかる」と思っていたので、告知されたこと自体にそう衝撃は受けなかったが、その一方で抱いていた「癌ではないかもしれない」という淡い期待はまたたく間に消えた。

診察室に入ってすぐ、担当医から淡々とした口調で癌だと告げられた。これは「癌だからといって特別なことでない」と思わせる患者への配慮だと思えるが、先生にとっては日常のことだからかもしれない。

”告知”などというものは”しばらくの沈黙のあと、患者の目を見ながら、語りかける”とかだと思っていたのに、現実はTVドラマよりもずうーっとクールだった。先生は忙しいのである。私は静かになった部屋で、少しも聞き漏らすまいと先生の話しの続きを聞いていた。

グリソンスコア8、高リスク前立腺癌

しかし、全く予想していなかったのは、16本の生検サンプル中の5本から癌が見つかり、しかもグリソンスコア8の「高悪性度」と診断されたことです。PSAが低くたって、もうこれは立派ながんです。

診 断 [がん診療連携拠点病院、Tがんセンター]
癌かどうか:  腺 癌
TMN病期分類: T2b 腫瘍は左葉に限局するが、半分を超えて進展
悪 性 度: グリソンスコア8
陽 性 率: 32%(16本中5本が陽性)
PSA:     2.97ng/ml
触 診:     異常はない
リスク分類:  高リスク

病院が混んでいたこともあって、なかなか検査が進まず、癌の疑いを知らされてから告知まで実に3ヶ月もかかりました。当然その間は不安なので暇さえあればネットで調べていましたから、3ヶ月経ったこの頃には、もう随分と癌に詳しくなっていました。

「癌」であるという告知よりも、

高リスク(前立腺癌)である、ということが衝撃だった

PSAが2.97(ng/mL)と低い値なら、癌がみつかったとしても「せいぜい中間リスク迄だろう」と思っていたのに、診断は高悪性度の前立腺腫瘍であるとされた「ハイリスク前立腺癌」です。これは全くの想定外で医者から「根治が難しい」と告げられても、この時は医者の言うことだから慎重に言っているだけだろうと思いました。しかし、家に帰ってから調べてみるとグリソンスコア8、陽性サンプル5本ということの重さに気付かされました。これは、どうも軽い癌ではないようだ・・。
 

[説明] どのページでも、この区切り線から下は解説や補足です


PSAと前立腺癌の関係、PSA3で癌なんてあるの?

これをお読みの方に誤解を与えそうなことが1つ。「PSA3で高悪性度の前立腺癌」という診断とは、いったいどういうことなのか?・・意味がわからない。では「PSAが5とか10以上の患者はどうなるんだろう?」と思われるかもしれませんが、PSA値と癌の悪性度には直接の関係はないのです。
 
例えば、PSAが10や20以上であっても「グリソンスコア7」というのは良くあることです。しかしPSAが1桁でもグリソンスコアが8や9以上という方も、少ないながら存在します。私はその少ない側です。また、PSAが3程度で癌が見つかる確率も低いのですが、そのうえ「高リスク」などと診断される人は稀、そうはいません。

私は「高リスク」と診断されたことに驚きましたが、この時は「たまたま高リスクとされただけだろう」という気持ちもありました。

※ しかし・・この時の私はまだ知らないのですが、実は後日、がんの悪性度が別の病理医によって再評価され、高リスクから、まさかの『超高リスク前立腺癌に再評価される』という驚きの未来が待っているのでした。

高悪性度の腫瘍はPSAをあまり出さないこともある

癌が疑われる場合、1回のPSA値ではなくその変化に注目します。もし癌である場合、PSAは癌の大きさに比例するように上昇しますから、以前測定したPSA値と比較することで、およその癌の増殖スピードがわかります。
 
PSA値が2倍になる期間をPSA-DTと言いますが、前立腺がんの場合、これが平均2~3年。遅いものでは4~5年とされます。一般にPSA-DTが長いなら、もし癌であったとしても悪性度は低い(急ぎの治療は必要としない)。また前立腺の体積に比例してPSAは増加するため、前立腺肥大が原因のPSA上昇も考慮する必要がある。
しかし、PSAが1年で1.5倍とか2倍とかになるくらいに急にPSAが上昇しているなら、高悪性度の癌の可能性があるかもしれません、要注意です。
ただし、短期的にさらに高いPSA上昇を示しているなら、癌ではなく前立腺の炎症という可能性もあるので、それとの切り分けも必要です。
 
注意してほしいのは、PSAの値がそのまま「癌の進行度を表すわけではない」こと。グリソンスコアが高い、つまり高悪性度(低分化型)の腫瘍ではPSAをあまり出さないこともあるため、少ないながら低いPSAでも進行している症例もあることです。逆に腫瘍の悪性度が高くないなら、たとえPSAが10や20以上であったとしても、限局癌である可能性も少なくありません。

ダブリング・タイム│前立腺がんの増殖スピード

特殊なタイプ(低分化型)をのぞくと、前立腺がんの増殖スピードはかなりゆっくりしている。 がんが倍の大きさになるのに要する時間を「ダブリング・タイム」といいます。前立腺がんの場合、これが平均2~3年。遅いものでは4~5年といわれます。
 
高齢で発見された微小ながん(1cc以下)で、PSA値も低く、増殖スピードの遅いがん(高分化型)を、「臨床的に意味のないがん」といいます。前立腺がんは、老化と密接に関係したがんで、80歳以上で死亡した人を解剖すると、顕微鏡で見える程度の微小な前立腺がんが20~30パーセントに見られます。しかし、50代、60代の前立腺がんには、基本的にはこうした意味のないがんはありません。
がんサポート│監修:高橋悟 東京大学付属病院泌尿器外科助教授

グリソン・スコア(Gleason Score)

病理医が生検プレパラートの癌の組織の形状と浸潤の状況から、その悪性度を1~5の5段階に分けたものをグリソングレードと言い、数字が大きいほど悪性度が高いことを示します。さらに癌組織の最も優勢な部分と次に優勢な部分のグリソングレードを加算したものをグリソン・スコア(Gleason Score)として表します。グリソンスコア8(4+4=8)は高リスク前立腺癌という診断。
▶ 悪性度とリスク分類 – 前立腺癌|jjzzg
 

 治療後約3年経過>> 今だからわかること

「PSA3でも高リスク」というタイトルは、体験を書くには意外性があって都合が良いのですが・・先日、医師から改めて説明されたことによれば、私の癌は低いPSAであっても悪性度が高い例外的な症例であり、それをネットで紹介すると誤解を生むことになる非常に「悪い症例」だと言われました。

なぜ私に「トリモダリティ」が適用されたのか
担当医によれば、私の腫瘍は一応グリソンスコア8(転院前の病理診断)ではあったが、特に高い悪性度の腫瘍に共通する特徴がみられ、病理医によってはGS10と診断される可能性のあった腫瘍である。PSAはわずか3程度だが、あまりPSAを産生しないタイプの腫瘍だとすればPSA値は癌の進行度の参考にならない。このためPSAが20や30以上の方と同程度のリスクとして治療を計画したという。
事実、滋賀の病理診断書では、5つの生検サンプルすべてがGS8と再評価されNCCNの分類上はより悪性度が高い腫瘍「超高リスク前立腺癌」とされました。
 
一般にPSA1桁、グリソンスコア8程度なら、実は高リスクの入り口みたいなもので、特に驚くような診断ではないのです。滋賀医大でもこのレベルでは「小線源単独」が適用されている患者さんが多く、せいぜい放射線併用療法までです。このため治療例として紹介するには非常に「悪い症例」と言われたわけです。
 
追記: 2018年9月

・・・・・
たった2ページで、癌の疑いから前立腺癌の告知まで進めました。
次は「がんと告知」された直後の話なのですが・・その前に話を理解するために必要な、前立腺、精嚢、尿道に関する話と、
少し時間を戻して、MRI検査、前立腺生検の話に移ります。

トリモダリティ体験記


続きを読む>> 前立腺、精嚢、膀胱の関係