埼玉病院 小線源単独 カズハル

前立腺がん治療を経験された方の体験談 カズハル さん

がんが見つかっって、どんな治療を勧められましたか?

結石ができやすい体質だったため、毎年泌尿器科の病院で定期検査の際にPSA値も測定していた。半年でPSA値が1ポイント上昇したので生検を受けたところ、癌が見つかった。
その時の主治医から、前立腺がんの治療法には様々な方法があり、それぞれ一長一短があることの説明を受け、どこでも紹介しますと言われた。自分でも必死で情報を集めた。

 PSA:5.0(治療開始直前で6.0)
 グリソンスコア:最初の病院で3+4、治療を受けた病院で3+3
 陽性率: %(生検 12本中陽性1 本)
 T分類:T2a
 診断時年齢: 61歳
 触 診: 異常はありましたか? 無し

あなたは、どの治療を選びましたか?

小線源単独(国立病院機構埼玉病院泌尿器科門間先生)

この治療法に決めた理由
 体への負担が少ない、諸機能が温存できる確率が高い。治療効果は手術と遜色ない。アメリカでは前立腺がんの治療に関しては放射線治療が主流、など。

治療後の経過、感想など自由にお書きください

差し支えなければ、男性機能はどうなりましたか?

治療後の経過
 2018年で治療後8年目。治療直後から切迫尿だけ続いているが、必ずしも治療の後 遺症のためではない?(加齢の影響?)。2時間程度でトイレに駆け込む状態だが、自分でコントロールできるので、薬は一切飲んでいない。
男性機能
 維持されている。但し勃起はするが精液はほとんど出ない。ただ最近少し出るようになった。精液は前立腺以外でも多少作られているからかもしれない。


カズハル

インタビューへの回答 ありがとうございます
あとで私のコメントをここに記入させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です