ダヴィンチ│国立国際医療研 東京 N.K

ダヴィンチによる摘出の体験談 東京 N.Kさん

治療を受けるまでの経緯は?

職場の定期健康診断でPSA値が高めなので検査を進められる。地元の病院でも検査が出来るとあったが万が一の事も考え手術が出来る病院を探し国立国際医療研究センター病院で精密検査をおこなう。数値が51歳にしては高いので生検を進められる。生検の結果癌と診断され全摘手術をする事になった。現在、術後半月。
あと、半月後に摘出した前立腺の検査結果が出る。

 PSA:3.14
 グリソンスコア:
 陽性率: %(生検 本中陽性 6本)
 T分類:
 診断時年齢: 51歳
 治療年:  2019年 3月
 触診の結果は?:ハレはなし。MRIの結果もリンパは正常

治療後にどう感じましたか

(治療予定の方は現在の気持ち)

目が覚めると尿道カテーテルでした。
1週間後カテーテルを抜きました。
現在、尿もれがある(主治医や看護師は少ない方ですと言っているが)
いきなり介護用パンツ又は尿もれパットのお世話になっている。主治医の話で聞いていたがやっぱりショックですね。

現在の経過、伝えたいことなど

差し支えなければ、男性機能はどうなりましたか?、教えてください。

勃起はしないのが非常に残念です。
性欲はあるが今のところ反応なし。
やっぱり未練があるのでバイアグラ等を試してみようかと思っている。

もし、時を遡れたとしたら、同じ治療を選ぶかと問われたが、
私は 「たぶん、この治療を選びます」と答えた。


東京 N.K

東京 N.Kさん、インタビューへの回答ありがとうこざいました。もしこの回答内容を変更したい場合は、再度ご記入いただければ、差し替えさせていただきます。
また、あとで私のコメントをここに記入させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です