はじめに – 医師の言葉は絶対だろうか?

PSAと聞いてもピンとこないのが普通でしょう。
前立腺の正確な位置さえ知らなかった。
勧められたMRI検査で影が見つかり生検へ。

結果、”高悪性度の前立腺がん” と診断された。
PSAが基準値をわずかに超え、すぐに検査したのに、
「根治が難しい」という診断になるのはなぜ?。
それでも・・そう言われたからこそ懸命に治療法を探しました。

じじ..じぇんじぇんがん

前立腺がん トリモダリティ体験記

これまで記憶に残るような病気もしなかったので、なんとなく「自分は癌にならないのではないか」と思っていました。しかしそんな根拠のない自信は失われ、前立腺癌が現実となった。しかも「根治が難しい」とされた。

「難しい」とは、困難とか無理ということなんだろうか?、これからどうなるんだろう?と不安でいっぱいでした。朝、目が覚めた時など「これは夢で、夢から覚めたりしないものか」と何度も思いました。

 ことの始まりは2014年夏、集団検診での指摘でした。告知当初は心細い思いをしましたが、今は治療入院中でもすっかり元気です。その当時のことを思い出し、この「じじ..じぇんじぇんがん」を書いています。

医師から勧められたのは結局「摘出手術」だけ

告知に続いて、担当医からは”ダヴィンチや放射線、粒子線”など、いくつもの治療法の説明を受けた。しかし、それらは前立腺がん治療の一般的な話だったようで、結局のところ”高リスク前立腺癌”と診断された私に勧められたのは、「全摘手術」だけでした。

この時は私も「癌など手術で切ってしまうに限る」と思っていましたから、癌が手術で摘出できるとわかり、少しほっとしました。しかし、これからの一生に関わる決断ですから簡単には決められません。誰かに相談しようにも詳しい人は身近にいない。そんな中で、それ以外にも多くの治療法があることを知ったのはGoogleの力です。

手術と放射線は同等の治療成績とされるが??

Google検索で調べてみると、手術療法と放射線治療は同等の治療成績であると説明されているサイトもある、しかしそんな都合の良い偶然があるとは思えない。「どちらが優れているか一概には言えない」というだけだろう。
では、なぜ私に「全摘出手術」が勧められたかと言えば、担当医は高リスク前立腺癌に対する手術療法に研究熱心で、この病院では”高リスクの場合でも、手術療法のほうが放射線療法より成績が良い” (※1)という理由からでした。

※1 その後治療中に出会った多くの患者さんに、告知後の話を聞いてみると、ほとんどの方が「全摘を勧められた」とのことでした。泌尿器科医は「まず摘出手術を薦める」というのがお約束のようだ。

担当医の「摘出手術が良い」という提案に嘘はないだろう。自信を持って勧められると「はい」と答えて先生に全てを任せたくなる。そうすればもう考えなくて済む、精神的に「楽」になれるはず・・。

医師の勧める治療法が最良なのだろうか?

しかし・・手術で本当に完治するのだろうか?、という肝心なところがわからない。私の場合、最初から「根治が難しい」と言われているし、ちょっと調べただけでも、高リスクに対しては放射線療法が勧められる、というような情報もみつかるではないか・・

ここで、自問自答してみる、
例えば、担当医は他の病院に「より優れた治療法があること」を知っていたとしても、それを患者に言うだろうか?
また、もし医師が自分の勤務する病院に「最先端の治療システムがある」としたら・・たとえ実績がなくても立場上それを勧めないわけにはいかないだろう。きっと医師にだっていろいろと事情があるのだ。
しかしそれ以前に、泌尿器科の医師であっても専門外(例えば多様な放射線治療)の治療実績については案外知らないのではないか、と感じることもある。

 ・・・結局のところ、医師は「患者を完治させること」を最優先とした治療法を勧めてくれるのだろうか?ということが疑問だった。そうあって欲しいと思うが、甘い考えかもしれない。

 
そう考えると、
”医師の言葉は絶対ではない”ということに気づく。
これは私にとって衝撃だった。

これまで、医師は「患者の病気を直すこと」を最優先に考えてくれると信じていたが、そうとは限らない。
結局・・・「治療法は自分で探すほかない」
あたりまえのことなのかもしれないが、そう、思った。

本当に摘出手術をしなくても大丈夫か?!

私は悪性度の高い癌であると診断されました。そして、担当医からは当然のように「全摘出手術」を勧められました。しかし私は、いろいろな治療法を調べた末に、担当医の意見に逆らってまで「放射線治療」を選びました。

この時、後戻りできない重大な決断だけに「がん治療のプロである医師の意見に逆らっても大丈夫なのか?」という大きな不安がありました。
この気持、つまり、摘出しないでも本当に「放射線で癌を消滅させられるのか?」という疑問は治療開始直前まで持っていました。そこで、その疑問を払拭するために放射線治療だけでなく「手術療法」についても詳しく調べています。

この前立腺癌体験記について

 前置きが長くなりましたが、ここでは、私が前立腺癌と診断されてから治療を受けるまでの経緯を中心に綴っています。普通は前立腺癌闘病記、あるいは闘病ブログなどとするところでしょうが、長期間の治療でしたが闘病という感覚はなく、時の過ぎゆくのを待っていただけ・・なので前立腺癌体験記としました。

← この若葉は、最近「癌」と知らされた方への解説です

前立腺癌を告知され、進行して転移したりしないかと怯えていませんか、それは私も同じでした。しかし、この治療を通して知ったのは、前立腺癌において”転移はそう簡単に出現するものではない”ということ。高悪性度の癌であっても、たとえ治療を1ヶ月遅らせたくらいでは、根治性に影響は「ない」。中間リスクであればなおさらで「半年後に治療を考えよう」でも、まあ、問題ない。

治療を急ぐより、治療選択にこそ時間をかけ、再発の可能性が最も低い治療法を選ぶことが肝心です。治療を受ける前から「術後の再発を心配するのはおかしい」と思われるでしょうが、再発原因の多くは初回治療に起因するものです。
 
「根治が難しい」は医師の言い訳だと考え、「根治が当然」という気持ちで頑張ってください。 もし”難しい”と言われたらその医療機関では無理と言っているに過ぎません。
 治療についての疑問や不安、このサイトの感想などは、▶ こちらからご連絡いただければ 直接返信させていただきます。 一 (ichi)

  もし返信が届かないなら、メールアドレスのまちがい、迷惑メールホルダに入っている、ということもあります。ご確認の上再度ご連絡ください。
このサイトはタブレットやスマートフォンでもご覧いただけます、右のQRコードを読みとって御覧ください

 

命の危機、あるいは男としての危機なのだが・・

癌であることを、周囲の方にどう知らせるかという問題もある。「前立腺癌くらい大丈夫、きっと治りますよ」などという根拠のない慰めなど腹が立つだけだし、健康上の問題が周囲に知れることであまり良いことはないため、私の場合癌のことは近所にも親戚のほとんどにも知らせないことにした。
しかし入院中に担当医から「自分の癌の治療経験を伝えるべきでは」という話しを伺い、癌と告げられた方への情報発信として、入院中の病棟でせっせと作ったのがこの「じじ..じぇんじぇんがん」です。じぇじぇじぇ、ではありません、略すなら「じじ、じぇん」ということで!

知るのが怖いからと言って・・

目をつぶっていては不安はいつまでも消えない・・前立腺癌を理解し、その治療法の違いを知ることで、きっと次が見えてきます。自分にとってどの治療法が良いのか、それを考えるための情報も詰め込んであります。
 - – 次からが本編です、じっくりと御覧ください。

じじ..じぇんじぇんがん(c) 2015-2020

トリモダリティ体験記

続きを読む>> #1|集団検診で前立腺癌の疑い