#1|集団検診で前立腺癌の疑い

今、朝6時を過ぎたところです。実は私は滋賀医大病院に放射線外照射のため入院中の身で、病棟のデイルームでこれを書いています。それでは、がんが見つかるま前まで時を遡りましょう。(2015年5月15日)

2014年の夏、前立腺癌の項目で”PSA3.2、要精検”という通知が届いた。
これは初夏に受けた集団検診の結果を知らせるものだ。前立腺癌の疑いがあるということらしいが「癌の疑い」があると知っただけで、それからは、なんとも落ち着かない日が続いた。

集団検診で前立腺癌の疑い – 前立腺って、どこ?

「前立腺って、どこにあるんだろう?」から調べはじめました。いままでは膀胱のあたりにある小さな臓器で、肥大するとおしっこが出にくくなったりするという程度の認識でした。何のためにあるのかも知りません。もし初期の癌なら、小さいのだから手術でそっくり取ってしまえば良いだけと軽く考えていた。

しかし調べてみると、前立腺は体の中心部にあり、膀胱に密着し、しかも尿道をぐるっと取り囲んでいるので、摘出するにはその尿道ごと切除するしかない。しかも付随する精嚢も同時に摘出すると知りました。
「精嚢ってなんだっけ」と思っても私の記憶にはないのだが、その文字からだいたいの想像はつく。・・これはやっかいなことになりそうだと思った。

※ 本題に入る前に、前立腺がどこにあるのか確認してみましょう、
体の中心部、膀胱のすぐ下で尿道を取り囲んでいる臓器が前立腺。
Google画像検索:前立腺 | 精嚢

そこで、もし癌の場合でも、しっかりとした治療が受けられそうな病院で検査したほうが良いと思い、地元では一番信頼できそうな、がん診療連携拠点病院「Tがんセンター」に予約を入れました。

がん診療連携拠点病院 Tがんセンター

「がんセンター」は、がん患者ばかりの病院と思うだけでも緊張しました。受付後、検尿と採血を済ませ、泌尿器科の待合室で診察を待ちました。たくさん患者がいて随分と待たされましたが、やっと私の番になり診察室に入ると、穏やかそうな白髪の先生が担当でした。

血液検査の結果、PSAは3を下回る”2.97ng/ml”でした。痛みや排尿障害などがないか聞かれましたが、それもありません。さらに前立腺の触診、これは話に聞いているから何をされるか知っています。先生は薄いゴム手袋をしながら「デスクの後ろにあるテーブルに手をついて」と言い。”しり”を突き出す格好になり指で探られたが、ほんの数秒のことでどうということはなかった。結果これも問題なしとされました。

しかし担当医からは意外な事を言われた

低いPSAでも、前立腺癌が見つかることもある

PSAの基準値は普通4なのですが、私の受けた集団検診では、50-64歳は3という基準値を採用していたため、PSA3を超え要精検とされました。特に症状もなく触診に異常もないので、この程度のPSAなら「様子を見ましょう」とか言われそうなものです。しかし先生は「PSA4以下でも前立腺癌が見つかることもある」と言われたため、では念のためという軽い気持ちでMRI検査の予約をしました。
CIMG1949

MRI検査で影が見つかり、前立腺生検へ

後日、MRI検査を済ませ、その結果を聞きに行ったところ、たぶん何も見つからないだろうと思っていたのに
「前立腺左葉に影がある」という診断だった。
 まさか前立腺癌に・・・ まだ決まったわけではないが、MRI検査で影があるのに何もないとは思えない。こうなると医師に言われるまでもなく生検ということになる。癌の疑いという言葉が一気に現実味を帯びてきました。しかし・・

  • PSAは2.97、去年だって1.6と低かった。
  • まだ50代前半である
  • しかも自覚症状は何もない

こう考えると癌の確率は低いはず(※1)なのだが、その確率をものともせず、まさにトントン拍子に事が進んでいるような気が、・・いや、こういうマイナス展開の時にはトントン拍子とは言わないはずだから、逆トントン拍子に・・とでも言えそうな展開に思えてくる。

PSA3で癌などありえるのか?

もう、こうなると気分はすっかりがん患者。この日から本気で前立腺癌とはどんな病気なのかを調べ始めました。生検の予約は約1月先なので時間はたっぷりある、というかありすぎる。しかし、ネットで検索してもPSA3で前立腺癌などという話は、どこにもないのです。

この時は気づかなかったが、後になって考えてみれば、PSAが10ヶ月前に比べ2倍近く上昇している、しかも50代と若いのに基準値に到達した。これだけでも十分に疑わしい、これを知っていて担当医はMRIを勧めたと思われる。

検査予約から生検まで3ヶ月以上が経過・・待ちくたびれた

やっと、MRIの結果が出てからひと月後に生検のために入院した、待たされすぎて入院できるってだけで嬉しかった。
入院当日は何もすることがなく、同室に入院していた前立腺癌の放射線治療の方と雑談をしたり、本を読んで過ごし、夕方風呂に入ってから就寝。明日は検査。

翌日の検査の様子は、あとで書くことにして、先を急ぎます。

とりあえず、無事生検が終わり二泊三日で検査入院は終了。

次は、生検の結果説明をうけるための診察室での話へ


※ このトリモダリティ体験記の構成について
どのページでもこの上にある「区切り線」から上に記事、↓下の部分が、先頭にアイコンがついた解説や補足になっています。とりあえずこれより下を読まずに、上だけを読み進んでいただいても大丈夫です。

初めて前立腺癌と知らされた方向けの説明には
この↓若葉アイコンをつけています

PSAを作るのは前立腺細胞であって癌細胞ではない

PSA値は前立腺癌の可能性を示す精度の高いマーカーですが、PSAを作るのは前立腺細胞であって前立腺癌の細胞によって作られるというわけではないので(癌細胞もPSAを作りますがそれは前立腺細胞が変化したものであるから)、前立腺の肥大や前立腺炎、生検や外からの刺激などによっても値は上がるとされています。前立腺炎の可能性を排除するため、次の血液検査に備え初診時に抗生物質が処方されました。

”PSAが4以下なので、正常値??”

そうPSAを解釈されているかもしれません。しかし、そうではなく健康な人のPSAはおおよそ2ng/mL以下であり、その2倍の4ng/mLを基準値としているだけです。私の担当医の話では、従来「グレーゾーン」と言われていたPSA4~10ng/mLでも50%以上の方から癌がみつかるとのことで、グレーゾーンという認識はすでに過去のものだそうです。
50%以上という数値に驚きますが、この病院では生検を受ける前にMRI検査をしています、MRIで疑わしい所見がある方は針生検を勧められ、MRI所見に問題がない方は生検を急がないかもしれませんから、「PSA検査でPSA4~10ng/mLとなった方の5割以上から癌」というわけではないかもしれません。
また、前立腺がん癌を告知され、ホルモン治療を受けた場合、非常に高いPSAであったとしても一気にPSAが下がります。この時PSAが4ng/mL以下になったので「正常」と考える方もいらっしゃいますが、これは誤り。4ng/mLは検査のための基準値というだけです。

PSA

PSAとは、英語のprostate specific antigen= 前立腺特異抗原の略で、主として前立腺から精液中に分泌されるタンパク質の一種です。射精後の精液の液状化に関係し、受精に欠かせないものといわれています。一部は血液の中にも流れ出ていて、健康な人のPSAはおおよそ2ng/mL以下です。加齢にともなう前立腺の肥大や炎症により増えることがあり、一般的に4ng/mL以下が標準値とされています。
→ PSA検査|アステラス製薬

・・・・・

次は「がんの告知」

トリモダリティ体験記


続きを読む>> 告知:PSA3でも高リスク前立腺癌?!